まずはコチラをご一読

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories カテゴリー

archives 過去の記事

Roots <" Bringing Down the Horse " The Wallflowers>

0
    卵焼きは甘くないやつ。


    あきらです。
    こんばんは。



    なぜ砂糖。




    以前書いたような書かなかったような。
    そんな記憶のおぼろげな一枚。

    方々でお気に入りの一枚と紹介しているから、
    話がごっちゃになってるのかも。







    The Wallflowersの2ndアルバム「Bringing Down the Horse」



    中学生の頃だったはず。
    2年生とかかな。

    クラスに洋楽好きの友人がいて、
    ギターを持ってる数少ない友人だったんだけど、
    彼から教えてもらったんだと思う。


    彼は割とパンクとかメロコアとか聴いてるようだったから
    彼から薦められた時、

    無意識にそういう音楽だと思い込んでました。



    街のCDショップで購入して帰宅して、
    コンポに入れた瞬間、


    座り込んだまま、1曲目から最後まで
    ぶっ通しで聴いた記憶があります。

    以来、まるで自分のホームポジションのように
    何ヶ月か経つと、またこのアルバムを聴きたくなるんです。

    歌詞カードは付いてない輸入版を買っちゃったんだけど、
    なんちゃって英語で大体歌えちゃうぐらい聴いた一枚です。


    1曲目「One Headlight」のイントロの
    ギターアルペジオからドラムの入り、
    そこから突然現れるベースと
    曲がり角を曲がって来たみたいな入り方のボーカルの流れは



    今聴いても本当にゾクゾクするんです。


    通算で言えば、ビートルズより聴いてると思います。
    僕の中ではベストオブベストにランキングしてるアルバムです。


    声、メロディ、
    各楽器の組み合わさり方、

    全て格好いい。

    秀逸なのは、
    キーボードの音色。




    ボブディランの息子とか、
    そんな肩書き全然要らない。

    むしろお父さんより好きかも。

    長い休止期間を経て、
    昨年新譜を出したみたいだけど、
    実はまだ聴いてないんですよね。


    ちなみにこのアルバムタイトルの
    「Bringing Down the Horse」

    このタイトルの曲名、入ってないんです。

    よく、一押しの曲や
    そのアルバムのコンセプトを象徴するようなタイトルチューンのタイトル、
    はたまた、それを超越した世界観を現すタイトル、


    そんなのがアルバムタイトルだったりしますが、
    これは収録されている曲の一つの
    歌詞の一部みたいです。

    多分。

    そんな風に歌ってるところ
    聴こえるもん。


    コステロの「My Aim Is True」みたいですね。


    よくこの人の声に憧れて
    かすれ声が出ないか試したもんです。

    1:54

         

    Roots <" Desperado " THE EAGLES>

    0
      手相が薄い。



      あきらです。
      こんばんは。



      運命線とかもう。




      先日のライブでも歌った
      Desperadoが収録されているTHE EAGLESのその名も『Desperado』







      僕ら世代の音楽やってる人の中では
      漫画のタイトルになったことでも通じるかも知れません。


      何を隠そう
      この私こそが

      漫画の「Desperado」を読んでから
      曲を聴いたっていう逆輸入パターンなんです。

      まぁ、漫画の話は
      ツッコミどころ満載になるから置いておいて。



      その頃既に色んな洋楽にかぶれて
      聴き漁っていた時期。

      高校生だったと思います。

      Hotel Californiaを借りて、
      自分でも買ってみようと思って買ったのがこのアルバム。


      最初はその美しいメロディと
      ドラムボーカルのドン・ヘンリーの声に魅了されて

      意味も分からず歌っていましたが、
      辞書をめくりながら一生懸命訳して


      曲の中で歌われているDesperado<ならず者>の
      意固地な気概に憧れている自分がいました。


      高校生レベルの英語読解力でも分かるくらいの
      韻の踏み方もまた親しみやすかった由縁かもしれないし

      やっぱり後半にかけてのあのストリングスの美しさはたまらない。


      んで、
      ドラムの入るタイミングは

      ビートルズのヘイジュードのそれと甲乙付け難いものがありますね。


      実は先日の
      「封印していた歌を歌おう」縛りの時に歌った歌というのは

      この歌のことだったんです。



      けど、まだまだ歌い上げるには
      早い気がするなぁ。


      4:00

           

      Roots <" From the Cradle " Eric Clapton>

      0
        車を擦ったことないのに、
        傷があります。




        あきらです。
        こんばんは。



        綺麗な車に乗ってみたいもんです。





        先日、ビートルズへの個人的な想いを綴りました。
        誰に頼まれたわけでもないのに、


        「次はどれにしようかな。。。」と、
        しばらく考えてました。



        「ルーツ」と呼ぶには
        おこがましいギターの腕ですけど、


        今回は、このアルバムを取り上げたいと思います。





        " From the Cradle " Eric Clapton

        タイトルの意味は「ゆりかごから」

        最初から最後まで
        ブルーズのカバーアルバム。


        ほぼ一発撮りだって。ひょえー。




        「ゆりかごから墓場まで」みたいな言葉だったと思うけど、
        つまりは、「ちっちゃい頃からずっと聴いてきた音楽なんだよ」っていう

        エリッククラプトンのブルーズに対する敬意の表れなんだろね。


        言わずもがな、
        1992年の『Unplugged(アンプラグド)』のヒットを受け、

        己のルーツであるブルーズを再認識して
        このブルーズカバーアルバムを製作することになったんでしょーねー。



        僕が聴いた当時は
        それこそビートルズばかり聴いていた頃で

        本当にそれしか知らなかった。

        多分親父なんだろうけど、
        聴いてみろと言われて、

        このアルバムを近くのレンタルショップで借りてきた。



        もう一曲目から度肝を抜かれた感じでしたね。


        言ってる言葉ももちろん分からない上に
        なんだか内蔵をぐでんぐでんにされるような

        なんかよく分からないものが
        身体の中を駆け巡った記憶があります。


        ブルーズ進行って
        基本的に12小節の繰り返しなんだけど、

        その12小節の最後でターンアラウンドっていう
        キメのフレーズがあるんです。

        最初に戻ってくるフレーズってことですね。

        このターンアラウンドの響きが
        たまらなくかっこよくて、

        何度も何度も聴いて
        真似して弾いてましたね。


        これ以降も
        色んなブルーズのアルバムを聴き漁り

        このアルバムに収められているオリジナルとかももちろん聴いたけど、
        僕にとってのブルーズはやっぱりコレなんですよね。




        さ、気持ちいい波に飲まれてください。





             

        Roots <"PAST MASTERS VOLUME TWO" THE BEATLES>

        0
          お風呂から上がった後に
          トイレの大きい方行きたくなっちゃうと切ない。





          あきらです。
          こんばんは。




          「先に言ってよ」的なね。





          「あなたのルーツは?」
          と聞かれて、時々戸惑う。

          あれもこれもと欲張りそうになるけど、


          どう考えたって、原点はここなんだと思う。


          アナログレコードで聴いていたなら、
          確実にすり減って、もはや聴けないだろうアルバム。





          ビートルズの
          パストマスターズ Vol.2


          数あるビートルズの作品の中で
          どうしてこれを選んだのか。


          答えは簡単。

          「ヘイジュード」が聴きたかっただけ。


          実は、
          実家にあったレコードの中で

          唯一、一枚だけ
          ビートルズのレコードがありました。


          その他はジャズばーっかし。


          後日、そのジャズも聴くことになったけど
          正直今でもヘビロテにはならないね。


          一枚だけあったのは
          「ヘイジュード/レボリューション」のドーナツ盤。


          そのジャケットに写ってる4人が
          またかっこよくて。



          コレ。






          ただ、そのドーナツ盤。
          眺めてるだけで、聴いたことなかった。


          針がなくなったとかで
          レコードプレイヤーはあるのに

          聴けない状態だったので。

          なので、
          曲名は知ってるものの、

          実際の曲は聴いたことがなく、



          どうしても聴きたくなって
          ついに自分のお小遣いで買ったのが

          あのアルバムなだけ。



          多分小学生だったと思うんだけど、
          我ながら渋いチョイスだわ。


          んで、延々このアルバムを聴きまくったワケですよ。
          文字通り、寝ても覚めても。


          寝ながらこのアルバム聴いてると
          ヘイジュードのリフレインの中でうとうとしちゃって


          レボリューションのイントロで叩き起こされるっていう流れ。


          それでまたアクロス・ザ・ユニヴァースからレット・イット・ビーで
          夢の中に入って行って

          ユー・ノウ・マイ・ネームの素っ頓狂な雰囲気の中で
          夢がおかしな展開になってくる。


          また最初のデイ・トリッパーに戻って
          イントロを一緒に弾いての繰り返し。


          そう言えば、
          レット・イット・ビーは

          このアルバムと
          「レット・イット・ビー」っていうアルバムにも収録されてるんですが

          ギターソロが違ってて、


          コッチから入った僕は
          断然「Vol.2派」なんです。

          確実にメロディ運びが美しい。

          「レット・イット・ビー」に入ってる方が
          どうもやる気が感じられん。


          でもね、
          このソロを同時に弾くと
          素晴しく美しいんですよね。

          高校生の頃、秀ちゃんがアルバムバージョン
          僕がVol.2のシングルバージョンを同時に弾いたことがあって



          弾き終わって

          「おおおおおおおお!」って二人で唸った記憶がある。

          ビートルズのアルバムで
          どれが一番か、みたいな話になると

          やれサージェントペパーだの
          いやホワイトアルバムだのという話になりますが



          隠れた名曲「RAIN」も入ってるし
          僕にとってはこのアルバム以外に考えられんのですよ。



          それにしても
          このジャケットのビートルズのロゴを


          机に書きまくって、よく怒られてたなぁ。



               
          |1|