ハチクロ

2008.01.14 Monday

0
    この前、友達と「ハチクロの登場人物の中で誰が好きか」
    という話になった。

    「あのー誰だっけ、あのメガネの。。。」
    「真山だ!」
    「それ!」
    と、真山に一票投じた。
    営業的には「花本先生」と言うべきだったのだろうが。

    するとその友人、
    「えぇー!真山ですか?あの人卑怯で嫌いです!
    山田さんが自分のこと好きなこと知ってて、キープするようなことして、
    結局自分は好きな人のところに行って、卑怯じゃないですか!」

    だから僕は説いて聞かせた。
    彼こそ人間の真の姿である、と。

    そこにはリアルがある。
    自分を重ねた、とか
    そんな次元の話じゃ、ない。

    僕はあまりハッピーエンドが好きじゃない。
    だって、現実はその後も続くじゃないか。
    めでたしめでたしで済まされてたまるか。

    「ジョゼと虎と魚たち」のあの恒夫が、最後に彼女と歩きながら泣きじゃくるのも
    「スパニッシュアパートメント」でグザヴィエが、彼女と心通わせながらも
    カフェを出て、華やかな祭りの中を逆走して泣きながら歩くのも、
    (ってどっちもシチュエーション一緒w)
    あれこそ、リアルじゃないか。

    僕はそういうリアルな世界を描いてこそ、だと思うんだ。
    キレイゴトしか言わない、しみったれた奴にはなりたくないんだよ。

    世界を敵に回しても、本当のことしか歌いたくない。
    誰もが耳をふさいだり、目をそらしたりしたくなるようなことが、
    実は本当に大事なことだったりするんじゃないかって、最近とても思うんだよ。

    だから僕は真山が好きだ。

    やめてくれないか

    2008.01.14 Monday

    0
      キットカットはまだ許す。

      「すべらサンド」って。
      無理無理無理無理!


      卑しい大人たちめ。

      な―――んでもない

      2008.01.14 Monday

      0
        僕がこのブログに日記をアップする度に
        「どうした?」とか
        「何かあったのか?」とか
        そういう言葉を皆がかけてくれる。

        その気持ちはとてもありがたいよ。


        けどね、な―――んともない。
        特別悲しいことがあったわけでも
        誰かと喧嘩したわけでも
        なんでもない。


        ただ、普段からこういうことを考えてるだけ。
        普段言わないだけ。

        皆、心の中では言いたいこと言うだろ。
        同じようなこと考えてるんだろ。
        だからこれは僕の心の中でもあるんだよ。
        それにこれが全てでももちろん、ない。
        とりわけこのブログでは、「この日記でこのメッセージを皆に向けて発信しよう!」っていう目論みは薄いからさ。

        確かに僕はあまり思ったことを口にしないし、
        内省的な性格だし、
        そういう部分でいろんな人を傷付けたのは事実だよ。

        ブっ飛んだ奴になりたいけど、
        ブっ飛んだ奴が「自分はブっ飛んだ奴だぜぃ」なんて思うはずがないだろ。

        そんなことに気付くとさ、
        妙に冷めちゃうんだよ。

        馬鹿言ってんじゃねーよ、って。
        僕は僕以上でも僕以下でもないからね、言っておくけど。

        改善の余地はもちろんあるよ。そりゃ分かってるさ。
        毎日手に余しながら、甘皮広げてる。そんな感じ。

        そんなことより大事なことや、やらなきゃいけないことが多くてさ。

        でも、な―――んでもない。

        要は、こんなこと考えてる僕ってのが、普段の僕だってこと。


        少なくとも

        2008.01.13 Sunday

        0
          電車をよく利用する僕は、
          もっぱら景色を眺めるか
          広告の文字の上を目で泳ぐか
          電車のレールの上をこする音に聞き耳を立てるかしてる。

          目を瞑っていつの間にか居眠りもするし、
          思い付いた言葉をいそいそとノートに綴ることもある。

          でも、結構人間観察している。

          誰かの何かの仕草をずっと見ていたり、
          背中から聞こえてくる会話に心の中で勝手に参加したり。

          そんな快適な空間を邪魔するな。

          そこの携帯で電話してる紳士。
          いいのかい?
          君の背広の襟には、会社のピンバッジがついてるよ。

          そしてそこの淑女。
          いいのかい?
          貴女のその服のセンスはとても気になるな。
          ヒョウ柄のコートにゼブラ柄のパンツを合わせるな。
          サファリパークか。

          電車の中で携帯で話したりする人って
          自分の親世代の人が多い。
          あとは、外国の人ね。

          なんでだろ。

          マナーモードを知らないならまだ分かる。
          おいおい、話すか、ここで、その内容を。

          あなたたちの背中を見て育ってきた僕達に
          マナーをどうのこうの言われる筋合いは全くない。悪いけど。
          いや、むしろ、その部分で言えばよほどわきまえてるつもりだよ。

          とても憐れだ。

          少なくとも僕は、自分の子供に堂々と背中を見せられる人間になりたい。

          こんな雨なら

          2008.01.12 Saturday

          0
            髪が伸びるのが人より倍早いあきらです、こんばんは。

            今日の雨はとても綺麗だった。
            霧がかかっているようで、
            よーく見たら、雨の粒がさらさらと風に舞ってた。

            でも、写真撮ったら



            080112_1057~010001.JPG

            こんなんだった。。。
            んー、携帯だとコレが限界なのかもな。

            昼休憩で外に出るのが、ちょっとウキウキした今日でした。

            最後に

            2008.01.11 Friday

            0
              行き着いたところがゴールだと思ってる。

              逆境

              2008.01.09 Wednesday

              0
                080109_1530~01.JPG
                気の持ちようだ、要は。
                逆境なんて、自分に酔ってるだけじゃねぇか。

                悲劇のヒーローにでもなってるつもりか。

                試練よ、ようこそおいでくださいました。

                生憎僕はそれさえも楽しむ術を知ってるもんでね。

                この世の全てが僕の味方だ。

                別に気にしないけど

                2008.01.08 Tuesday

                0
                  今日ね、ある人と話してて、
                  「つまんなくない?」って言われた。

                  なんでかって言うと、
                  その人はゲーセンやパチンコ屋に行くのが好きで、
                  余暇の殆どをそういうところで過ごしてんだって。
                  「君は?」って聞かれたから、
                  「帰って、ご飯食べて、ギター弾いてピアノ弾いて
                  三国志読んで、筋トレして風呂入って寝ました」って答えたの。

                  そしたら
                  「そんなのつまんなくない?」
                  って。

                  えぇー。
                  結構満喫してんだけどなー。

                  人から見たらそうなるのかなー。

                  挙げたの全部、生活の中の恥部、じゃなくて一部だもんな。

                  まぁ、気にしないけど。

                  恋において

                  2008.01.07 Monday

                  0
                    女に足りないのは
                    分かろうとする努力

                    男に足りないのは
                    伝えようとする努力

                    そう

                    2008.01.06 Sunday

                    0
                      困っている人を助けなさい
                      自分がされて嫌なことはしちゃ駄目
                      自分がされて嬉しいことをしてあげなさい
                      時には自分が犠牲になっても
                      そうしなさい

                      僕はそう教わってきました
                      そう
                      教わりました

                      果たして僕はそれが出来ているのだろうか

                      そう
                      出来るのかな