まずはコチラをご一読

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories カテゴリー

archives 過去の記事

ポーカーフェイス

0
    先日、旧くからの友人に言われた。



    「お前は喜怒哀楽が表情にすぐ出て分かりやすい」

    あれー。
    俺、ポーカーフェイスのつもりだったんだけどなー。


    って言ったら失笑された。


    ニヒルな男のつもりだったんだけどなー。

    違うみたいだなー。

    知らなかったなー。


    そういや、
    嘘、下手くそだもんな。。。


         

    忘れられたシャベル

    0
      砂場に忘れられたシャベルを探して

      街をうろうろしていたら

      時計の針が深夜0時を回ってた



      なんだ
      君も僕と同じこと考えてたのか

      だから会っても久しぶりな感じがしないんだね。

           

      どうせ出かけなきゃいけないんだからさぁ

      0
        もはや慣れた。
        電車に乗るべき時間に起床してしまった時の取るべき対応を。


        一切の躊躇も妥協も許されない。


        手を抜けばさようなら。
        気を抜けばさようなら。



        最初に目についた衣服を身に着け、ブーツを履いて玄関開けた。




        ほぅ、雨か。



        傘をさせば問題ない。
        傘をさせば問題ない。


        悪くないね、今日の雨も。
        寝ぼけた頭をさましてくれよ。


        雨が降ってようがなかろうが、出かけなきゃいけないんだからさぁ。


        行くよ、僕は。






        さすがに今日は腹が減るけど。

             

        そんな歌

        0
          071021_1404~02.JPG
          バイト先のビルの喫煙室から、こんもり木々が見えるんだ。
          それを眺めながら吸う煙草が好き。

          この前ね、葉が色付いていたのを見つけた。

          季節に追いつけないのは人間だけだな、
          きっと。

          先取りしすぎたり、取り残されたり。
          わがままな生き物だねぇ。
          誰も待っちゃくれないのにさ。


          昨日は六本木morphでステージ。
          見てくれた人、ありがとう。

          慣れとはちょっと違う感覚で、ライブが「なんでもない感じ」だった。
          そりゃもちろん気分は高揚するけど、なんだか違った。

          強いて言うなら、日々の務めのような、そんな感覚。
          すごくリラックスしてステージに立ってたんだよ。

          お客さん一人一人の顔もちゃんと見えた。
          知らない人のことも知ってる人のこともちゃんと見えた。

          同じ時間を共有出来てありがたい。


          喫煙室から見る木々のような、そんな歌うたいたいね。

          君にも聴いて欲しいよ。





          ライブハウスに向かう車の中からの東京タワー。


               

          小雨のぱらつく新宿で

          0
            ついこの間のこと。
            小雨のぱらつく新宿で、久しぶりに会った親父と飲んだ。

            相変わらず頑固で
            相変わらずシャイで

            あぁ、この人の血が流れてんだなぁって思った。

            でも、今親父以上に頑張れてんのかな。
            そう思った。
            親父の25歳の時と比べて、不甲斐無い自分が悔しかった。

            自分に出来ることなんてたかが知れてる。
            うぬぼれるなよ、おい。

            本日、morph tokyoにてライブ
            見にきて。

            出番が最後だから、友達の結婚式の二次会には行けそうもない。
            心からの祝福を。



            何が出来るか分からないけど。
            何も考えずステージに立つつもりです。


                 

            チャック

            0
              ステージを終えた僕らthe bitters endの4人は、事務所のようなところで並んで座ってた。
              向かいにはイベンターのS氏が座る。

              いつもライブが終わった後に総評を聞いて、アドバイスだったりお金せびられたり。

              その中でS氏が
              「やっぱりね、アキラ君はズボンのチャックは開けておいた方がいいよ。その方がステージで様になる」
              と言われた。

              そっか。
              俺はやっぱりそこまでやらなきゃなんないのか。


              いや、でもそんなことくらいでなんとかなるならズボンのチャックくらいなんでもない。
              よし。
              次のライブは全開だ。。。

              ぬー、でも。



              「うそぉぉ?!」という言葉で目が覚めた。
              自分が発した声だと気付くのにちょっと時間がかかった。
              夢の中でダメ出しされてた。

              どんな夢だよ、これ。

              しかし、奇跡的にバイトに間に合う時間に起きられた。
              朝ご飯をゆっくり食べる時間はなかったけど。


              昼くらいにようやく目が覚めてきて、昼ご飯を食べたらまた眠くなった。
              帰る頃には眠気はないんだよなー。


              昨日のステージを見てくれた方々、本当にありがとう。
              皆の目がすっごくまっすぐにこっち見てて、なんだかとっても不思議な空間だったな。

              主催者のキヨさん、本当にどうもありがとう。
              パワーをいただきました。
              ただ、マイクを持たせたままステージに帰らないでください。

              対バンも素敵なバンドばっかりで、やきもちやきの僕は居ても立ってもいられなかったよ。
              いい音楽に嫉妬する。

              ぃよーし。
              ぃやるぞぉ。

              次のライブは今週末の10/21 morph TOKYO



              あ、チャックどうしよう。。。


                   

              オーバーラン

              0
                ちゃんと早起きして朝ご飯食べて、支度した。

                シャワー浴びて、You TubeでLittle Barrie聴いてテンション上げた。

                しかも資源ゴミも出しちゃった。
                素晴らしい。


                ゆっくり駅に向かって、急行電車を待つ。



                いつもより速いスピードでホームに滑り込む電車。

                あれ?
                快速だっけ?


                車体の横にある電光掲示板を動体視力フル活用で読み取る。



                「急行 新宿行き」




                はにゃ?
                (はに丸君)

                いつからこの駅は急行が通過するようになったんだ?


                いや、分かるよ?
                この街がさほど栄えてないのはさ。
                いや、むしろ寂れてるよ。

                隣り駅にはTSUTAYAも出来たし、大学があるおかげですこぶる活気があるのにさ。


                この街の商店街は50メートルもなく、目玉になるものもない。


                だけど僕はこの街が意外と好きなんだ。
                っていうか急行止まらなければ住みません。


                お願い。
                待って。
                僕を乗せて。




                3両分ほどオーバーランした急行電車はゆっくり引き返して、僕の前で止まった。



                うむ。
                ご苦労。


                さて、いざ池袋へ。




                     

                朝ご飯は抜いちゃだめ

                0
                  朝食べる為に、帰りに食パン買ってったのに。
                  携帯のアラームもいつも通りセットしたのに。
                  お風呂もちゃちゃっと上がって、You Tubeで音楽も聴かずに布団に入ったのに。


                  携帯のアラームを止めた形跡はある。
                  なんとなく起きた記憶はある。

                  だけど、気付いたらいつも新宿に着いて中央線に乗る時刻。

                  もーほんとに嫌になる。
                  ほんとにごめんなさい。

                  いつからこんな起きられなくなったんかなー。
                  今月やばいなぁ。既に二度目の遅刻だよ。

                  慌てて家を飛び出したもんだから、朝ご飯も食べず電車に乗った。
                  頭が全然回らない。

                  朝ご飯は抜くもんじゃないな。
                  ちゃんと食べよ。

                  明日は池袋でライブ。

                  あー、毎日ライブだったらなぁ。
                  楽しいだろうなぁ。

                  苦しい以上に楽しいだろうなぁ。

                  ギターの弦も換えたし。
                  よし。
                  目にものを見せてやるっ。

                  ん。
                  寝よ。

                  おやすみー。
                  また明日ねー。


                  今日、最後に聴いた曲
                  Radiohead - High & Dry

                       

                  6弦切れた

                  0
                    スタジオリハなのに、どんなテンションで弾いてたんだか。。。
                    6弦が切れてしまうなんて。

                    音の透明度が増してゆく感覚。
                    そのうち音なんか鳴らさなくてもよくなるんじゃないか。

                    ビタエン無音流。


                         

                    ワンダフルチョイス

                    0
                      071012_0013~01.JPG
                      例の如く静岡から朝帰って来て、ひと眠り。
                      昼過ぎに起きて、たまった用事を片付けて、夕方街に出かけた。


                      急行の新宿行き。
                      僕の後ろには、声からして女の子が二人会話をしていた。

                      「教職ガイダンスが…」という言葉や
                      「3年になってから全然遊んでないよぉ」
                      という言葉から、

                      就活真っ直中の大学生、女の子二人
                      教職に就く希望有り

                      と言ったところか。


                      一人が「私をさぁ、ちょっと他己分析してよ、三つのポイントで」
                      言われた子にしてみれば、迷惑な話である。
                      相当切羽詰まっている様子だった。


                      だがその友人は親切にその子の分析を始めた。

                      「まず行動力があって…」
                      「なんにでも積極的で…」

                      この時点で一と二が若干重複している。

                      三つ目は車内アナウンスにかき消され、聞き逃した。

                      続けて「でも〇〇ちゃんは、何か意見を言う時、いつも的を得たこと言うよねぇ」


                      「そうかなぁ。そういえばそうかもね」







                      お嬢さん方、

                      〇「的を射た意見」
                      ×「的を得た意見」

                      教職に就くなら覚えていてね。

                      以外と、いや違った意外とこういうの見られるよ。



                      就活もしたことなく、誰かの役に立っているとは到底言い難い身分だし、およそ聞き入れてくれるような格好をしていなかったので、訂正は心の中で止どめた。

                      実際、その後下北に寄り、前から来た男性に
                      「下北の人を撮っています。一枚撮らせて下さい!」と言われた。

                      あの写真、どこで使われるんだろう。
                      ちょっと心配。


                      下北で野暮用済ませて、新宿へ。
                      人と会う用事があった。

                      その方から思いがけずプレゼントを頂いて、びっくりした。

                      本人曰く「他に着こなせる人が思い付かない」と言わしめたスカーフ。

                      写真のしゃれこうべがエラい大きさのスカーフいっぱいに描かれている。


                      ワンダフルチョイス。

                      いろいろな打ち合わせと、素敵なトークタイムを過ごさせてもらって帰宅。


                      なんとなく空は曇り空。
                      構わないよ、僕は。


                      明日はリハ。
                      今週もまた新曲持って行こうかな。