まずはコチラをご一読

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories カテゴリー

archives 過去の記事

2本のギター

0
    070726_2043~01.JPG
    僕が持ってるアコギは中2の時に父に誕生日プレゼントとしてもらったものだ。

    誕生日が近付く春のある日、学校から帰って来た僕に父は

    「出かけるぞ」
    と藪から棒に言った。
    言われるままに父の運転する車の助手席に乗り、街へ向かった。

    はて、どこに行くんだろうと思っていたら、着いた先はある寂れた楽器屋だった。

    所狭しとギターが並ぶ。どのギターもきらびやかに輝いていた。


    当時僕は昔、兄のどちらかが学校の出し物で使ったというアコギを押し入れから引きずり出し、エレキは通販で買ったおよそ楽器と呼べないレベルのものを弾いていた。
    それでも僕は満足していたし、夢中になってギターをかき鳴らしていた。

    ビートルズのジョンレノンが「Love Me Do」でアコギを弾き、間奏でハープを吹くのを映像で見た僕は、それを一人で再現して悦に入っていた。
    こともあろうに僕はアコギにストラップを着けておらず、ガニマタでジョンの真似をして、ギターはベルトのバックルに固定していた。
    間奏でハープを吹く。
    ギターが落ちて、ペグという弦を巻く部分が折れた。
    当たり前だ。

    しばらく甲子園の決勝で負けた球児のようにうずくまっていた。
    自分の愚かさと情けなさに果てしなく恥ずかしかった。


    そんな事件が起きた矢先の楽器屋だった。

    父は店に入るなり、「好きなの選べ」と言い放った。

    先の事件を知り、悲しみに打ちひしがれていた息子を不憫に思ったのだろう。

    感情を上手く伝えられない生粋の九州男児の父はそういう風にしか言えないのだ。

    僕が選んだのは、黒のボディに星のポジションマークのアコギだった。他人が使うようなものには興味がない、その頃からそうだった。ギターを始めたのもそうか。

    父の予算は少しオーバーしたらしかったが、自分に似て一度これと決めると曲げない息子にそのギターを買ってくれた。
    ギブソンの子会社のエピフォンというメーカーで、ランクとしては劣るのかもしれないが、僕はさらに夢中になってそのギターを弾いた。
    ストラップもちゃんと着けて。


    エレキは3本所有しているが、かれこれ10年近くアコギはこれ一本だった。

    ストリートもステージも作曲も、アコギはこいつだった。

    後になってそれが「エヴァリーブラザーズモデル」ということを知り、かのポールマッカートニーも弾いていたことを知った。

    しかし、ステージで使うにはいささか何点かの支障があった。


    そして今日、初めて「自分のお金でアコギを」買った。


    ずっと欲しかったTaylor社のアコギ。

    今の僕に必要なものだった。


    だけど、僕が父からもらったギターを弾かないわけじゃないよ。

    きっとこれからも弾くだろうな。

    弾けばいつでも、無我夢中であのギターを弾いてた頃に戻れるからさ。


    今の僕の原点みたいなものさ。




         

    合鍵はそのまま持ってて

    2
    ギターの弦が錆び付くのが早い。

    「てめぇが弾かねぇから、すっかり錆びちまったじゃねぇかよ」

    そんな声が奴から聞こえる。すまんかった。弾く気になれない夜もあるんだ。

    人前で歌う時、僕はどれだけ本当の自分をさらけ出すことが出来てんのかな。

    仮にも僕が思っていることを、僕の好きなメロディで歌って、なおかつそれを聴いて誰かが共感してくれる。そんな素敵なことが少しでもたくさん起こればいいなって、本当に思ってる。

    ちょっとこっぱずかしいけど、音楽で人の心を変えることが出来ると信じてる。だって少なくとも僕はいろんな音楽に自分を変えられたから。


    でも、ことさら他人の目や言動が気になって、ズルズル引きずってしまうのも事実。
    そんな自分が嫌でたまらなくて、何気なくもう一人の自分への励ましの意味を込めた唄だってある。どれとは言わないけどね。


    だからなおさらステージの上での僕はありのままの僕でなきゃいけないと思ってた。

    だけど、ステージを降りた後、いつもなんかギクシャクしてて、楽屋でもう一人の僕はいつも溜め息をついてた。

    見に来てくれた人がどれだけありがたい言葉をかけてくれたとしても、感謝こそすれ満足なんか一度もしたことないんだ。


    ずぅっと感じてた。
    ずぅっと考えてた。


    こんだけ考えてダメなら、何も考えないでいよう、そう思ってがむしゃらにギターを掻きむしってマイクにかじりついても、なんだか空回りした感覚はいつも僕の2歩後ろくらいをついて来てた。

    今考えれば、あの娘はそんな僕に愛想をつかしたのかな、なんてぼんやり思った。

    自分を自分以上のものに見せようと躍起になってた。自分の中で揚げ足取り合って、結局貫かなきゃいけないことがないがしろ。


    ここまで書いてなんだか言いたいことがたくさんあってよく分からなくなってきた。でもなんとか書いてみるよ。

    そういえばね、この間まで付き合ってた人にこう言われたんだ。

    「余計なことを気にしすぎ。昔の男とか、その人とどこに行ったとかそんなの関係ないじゃん。大切な人を本当に大切にする気持ちがあればそんなこと気にするはずないのに。」って。

    あぁそりゃ疲れちまうわな。そう思った。
    彼女から笑顔を奪って、さらに偽りの笑顔を作らせた。

    恋人と別れるっていう経験はそれまでも何度か味わってきたけど、その度ごとに心の中のどこかで自分は悪くないって信じ込んでる自分がいた。それに目を反らしていたならまだ救いはあるかもしんないけど、気付いてなかった。いよいよ救いがない。
    彼女は勇気を持って僕のドブをさらってくれた。そのことに気付いた時、あとからあとから涙がこぼれて来て、ありがとうとごめんねがぐちゃぐちゃに混じってった。まるで絵筆を洗うバケツみたいに、二つの色が混じって混じって最後にはよく分かんない色になってった。
    彼女は最後の最後まで僕を助けてくれた。

    その時気付いたんだ。ステージでの僕も、恋人の前の僕もなんにも変わんないやって。


    他人のことばかり気にして、大切なことを本当に大切に出来ていない。

    ありのままの自分を見せようとするあまり、いつの間にか背伸びして、空しい自己満足。

    偽りの自分のまま生きてきたような気がした。

    それで誰かに何かを伝えようとは、おこがましいにも程がある。


    嘘をついている人間の言葉を、虚勢を張っている者の言葉を、誰が信じるもんか。


    今度は僕が勇気を持たなきゃいけない番だ。

    自分らしくよりも人間らしく。


    僕は僕の唄を歌わなきゃいけない。その為には誰がなんと言おうと僕でなきゃいけない。
    僕は僕のまま、玄関の鍵を閉めて、電車に乗って、ステージに上がる。

    まるで大切な人に会いに行くように。





         

    メロンパン

    1
    070715_1913~01.JPG
    大きなメロンパンのせいで
    いつか君と乗った観覧車がよく見えない

    空は見渡す限り広がってるけど
    僕の声は果たしてどこまで届くだろう


    特別なことがあるはずない
    真実なんて最初からないさ
    ここにいるっていう事実があるだけ
    いつになったら分かるんだい

    誰かにとっての僕はただの他人であって
    そこに意味などあるはずない

    生きてていいのかと思うだろう
    きっとね、無意味であることこそが意味あることと思うんだ

    ココアをのどに流し込んで
    少し潤えばきっと

         

    海を見せたい

    0
      僕がしてることと言えば、もっぱら必要最低限のことばかりのはずなのに、それすら疎かになるのはどんだけ僕は調子に乗ってるんだろう。

      ことあなたのことになれば、それらしいことはなんにも出来ていなかったはず。

      配られたカードにケチをつけては、あなたになだめてもらうのを待ってた気がする。


      知ってるかい。
      海の水はしょっぱいんだ。
      川と海はつながってるから、同じ水のはずなのに、川の水はしょっぱくないんだ。


      あなたが見たいと言ってた海を見せたい。




           

      同じ空

      0
        現在小田急線の電車の中。久しぶりに寝坊をした僕は、朝ご飯を食べるタイミングも捕らえられず家を飛び出した。

        昨日のロックミュージシャンは今日のフリーター。

        でも昨晩のライブ、見掛けには手応えが少なかったが、僕はスタートラインに立ったと感じた。ここからだ。


        テーブルの上にあるからと言って安いワインをガブ飲みしてる場合じゃない。一番美味しいワインを香りで選んでゆくんだ。

        研ぎ澄まして研ぎ澄まして、これでもかと言ってよいほど頑なに一点を見つめて走ろう。

        出会いは大切。
        しかしもっと大切なのは、むしろそのあと。その人とどんな人間関係を築けるか。自分の中のどこまでを、そしてその人の中のどこまでをお互い分かり合えるか。恋人に限ったことじゃない。

        頑なに生きることも出来ないまま中途半端にいろんな人の心を傷つけて来た。

        本当にごめん。

        今よりマシになったら、なんて言ってたらいつになっても会うことが出来そうにないな。
        今からでも一人一人に会いに行って話したい気分だよ。
        土曜の9時前に、なんて迷惑この上ないだろうけど。


        だから、みんなと同じ空の下に生きてることを、まずは幸せとしよう。



             

        もうやめた

        0
          梅雨特有のサラサラした雨が降り、渇いた心も少しばかり潤してくれている。

          曇り空に映える緑。洗濯物が乾かないとか、毎年のように言ってる。しょうがないよ、この国に住む以上この気候は変えられないよ。確かに楽器には好ましくないけど。
          だからこの前僕は除湿剤を買って来たよ。


          思いのほかグズグズしてたみたいだ。梅雨入り宣言したにも関わらず雨が降らないのをいいことに、また悪い癖が出ちまった。

          ちょっと待ってくれよ。まだ準備が出来てないんだ。

          知ってか知らずか神様は、そろそろ引き際と言わんばかりに厚い雲を垂れ込ませる。

          でもね、不思議と憂鬱じゃないよ。

          この雨の季節が過ぎればまた暑い季節が来ることを知ってる。

          すぐに追いつくから、大丈夫。

          自分探しはもうやめた。見つかんないもんな、そんなもん。

          自分はどういう人間なのか。なりたい姿。足りないものも確かにたくさんある。伸ばしたいものもたくさんある。
          だから明日の自分つくりをする。

          たとえば自分に子どもが出来たとして、そいつに胸張って背中見せられるようになりたい。
          十分考えた。
          ここからだ。




               

          研ぎ澄ます

          0
            研ぎ澄ませば研ぎ澄ますほど足りないものが見えてくる。

            心がなにかにとらわれているうちは前に進めないね。自分の中にあるあらゆる思いをそっと傍らに置いてみる。そうすれば大切なものはきっと見えてくる。
            ごちゃごちゃした部屋を少し掃除すりゃ、失くしたと思ってたものが見つかることがあるだろう?


            もう逃げないさ。逃げる場所なんてどこにもないし。


            とりあえず職質されないくらいには振る舞えないと無様だな。

                 

            6月19日

            0
              20070619_51781.JPG
              新宿の街を見下ろして、ぼんやりと行き交う人を眺めていたら、今日がなんでもない日だと知りました。


              僕が死のうと生きようと、この世界はきっと何も変わらない。君がデブでもチビでもなんでも、きっと今日という日がなんでもない日には違いない。


              悲観的になってるわけじゃないよ。ただそのことを知っただけなんだ。

              今日という日をとても意味のある日にすることは出来るけど、なんでもない日にもなるということ。

              そういうことだよ。



                   

              ブレーキ

              0
                悩むことは大切なことだが、悩みを抱えたままでは歩いてゆけない。

                ただでさえ手に余る毎日だから、両手を空にしてひたすら走る。


                だけど、過ぎ行く景色が速くなればなるほど、心のざわつきが増す。

                立ち止まり、心の声に耳をすませて、また、走り出す。


                精神的ブレーキを取り外せ。

                     

                達磨さんが転んだ

                1
                20070604_30109.JPG
                昨日、中野で友達が出てる芝居を見たついでに、新井薬師に行ってみた。


                中野にほんの短期間住んだことがあるけど、ブロードウェイ止まり。新井薬師には行ったことなかったんだ。


                本尊に手を合わせて、おみくじ引いてみた。大吉と書いてあって、神様から頑張ってれば大丈夫さって言われた。

                おまけがついていて、小さな小さなお守りとして金色の達磨さんが入ってた。


                添えてあった紙には、

                達磨

                忍耐、人望、福徳をさずける福神
                七転び八起き(何度失敗しても屈しないで奮い立つの意味)
                人に忍と福と寿命の三徳を与える福神といわれる

                と書いてあった。

                あー神様ってすげぇなぁ。わざとでしょって思ったよ。


                奇しくもthe bitters endのバンド名の由来と同じなんだ。

                the bitters endに-erを付けるとbitter enderとなって、「何にも屈しない者」という意味なんだ。

                失敗はないんだ。次成功させる為の足がかりだ。失敗と捉えるかは自分次第。



                そしてまた、今僕もあることに耐えている。それに耐えてどうなるかは分からない。

                だけど、耐えるしかないんだ。


                しぶとく強かに生きたい。


                毎日が全て判断と選択と実行で進んでく。

                たとえば道が目の前で別れていて、一方の道を選んで進むとする。そこには、どちらに進むべきかという判断が生じる。そしてその道を選択し、右足と左足を交互に出して歩き出す。
                「こちらに進めば人によく思われるかも」とか

                「こっちの道の方が楽そうだし」とか

                余計なことはもう要らない。ちょっとでも信じていない欲求の純度の低い行動ではなく、正しい行動を躊躇することなく行うべきだ。

                純度の高い欲求の行動は、たとえその先で何かに拒まれようと屈することはない。


                そんなことを考えていた矢先の神様からのプレゼント。


                達磨さんが転んだ