まずはコチラをご一読

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories カテゴリー

archives 過去の記事

糞食らえ

0
    子供達の寝かしつけの時のこと。

    いざ寝ようと部屋を暗くした瞬間、
    息子が何か見つけたらしく
    おはじき大の何かを
    咄嗟に僕の口に入れてきた。


    条件反射でそれが何かを判別する為に
    舌で味わう。



    一瞬で気づいた。














    ウンチのカケラだった。

    その日の明け方、コロコロしたやつをして
    そのカケラを取りこぼしていたみたい。



    生まれて初めて
    ウンチ食べたよ。


    しばらく口の中が影響力ありまくり。


    4:13

         

    助けて

    0




      はいドーン。
      リオデジャネイロゲーム再来です。




      で、同日開催として





      要するに、

      前半が出演者それぞれのライブ
      後半にリオデジャネイロゲームという流れです。


      体力の関係によるものと思われます。



      正直、翔から電話来て
      「リオまたやるかも」って言われた時、

      「もうリオデジャネイロオリンピック終わったよ?」
      って言ったんだけど、

      それは問題ではなかったようです。

      このブログを書いてる時点で
      もちろんまだ曲は何やるかとか
      全然送られてきてません。

      スケジュールの関係で
      僕はリハに入れません。

      あいつですもの。
      もうね、馬鹿かと。



      でも、みんなが楽しくなってくれるなら
      単純に馬鹿騒ぎしたいなら
      やるよ!

      全力でやるよ!



      何気に体重が5キロくらい増えてるけど、
      むしろ健康的な身体になってるよ!


      あとは運動不足なだけだよ!


      心は既に打ち上がってるよ!



      次の日仕事だから静岡戻るよ!



      そして
      親愛の情を込めて言うよ!

      戎谷翔は馬鹿だよ!




      全てのクレームは
      ebisutanisho@gmail.comまで
      チケット予約希望の旨と共にお願いします。



      2:36

           

      争奪戦

      0




        見つけると
        とりあえず引っこ抜いてゆく。



        そして、全部持たされる。



        4:17

             

        プチ無くし物

        0



          季節の変わり目のせいで
          プチ無くし物が多いです。


          というのも、
          ある程度日常で必要なものは
          いつも使うバッグや

          上着のポケットの中に
          常に入れてあるんです。


          リップとか
          ピックとか
          たまにカポとかも。

          スペアのライターや
          ティッシュとか。


          二、三日なら急に泊まりになっても
          着替えさえしなきゃなんとかなるような
          バッグの中身にしてあるし。


          それが
          この季節、
          上着を着なかったり
          別のを着たりすると、


          まるごと不携帯状態になるんです。



          丸腰で戦に出かけるみたいな
          無防備さですよ。



          案の定、ピックはどこだっけだの
          カポどこやったっけだの言い出す始末。


          あー早く夏になんないかな。



          5:04

               

          こじらせ系

          0

            生徒さんのお一方に

            「この歌聴くと輝くん思い出す」と言われました。

             

             

             

             

             

             

            こじらせてますねぇ。

             

             

             

            4:18


                 

            屋台をつくってきました

            0
              自分が焙煎したコーヒーを
              こんなやつで






              街角で売りながら
              たまにギター弾いて歌いながら


              たまんないな。




              ということで、

              本日、「そうだ、屋台をつくろう」っていう
              ワークショップに参加させていただきました。






              子供の参加もOKと書いてあって
              特に年齢制限も書かれていなかったので、
              2歳の双子達も連れて家族で参加してきました。

              ただ、沼津の駐車場が少ないってのと
              駐車場から河川敷まで歩く距離が意外にあって
              双子乗せたバギーだと
              スロープ押すのもヒィヒィ言ってしまって
              集合場所に着いた頃には
              HPは半分くらい。
              宿屋に戻って回復したい感じでした。

              今回のワークショップの指揮を取ってくださったのは
              YADOKARI 小屋部

              っていう
              秘密基地みたいな小屋をつくりたくね?みたいな
              素人のプチ願望をカタチにするお手伝いをされてる方々でした。





              プロの方々の指示の下、
              軽く1日の流れの説明などを聞いた後、
              早速作業開始。



              こういうキットを
              前もって用意してくださってました。





              こういう下準備、一番大変なんですよね。
              頭が下がります。









              タイヤ外してホイールに色付け。






              パーツにそれぞれ色塗って行って、
              午前中は終了。


              お昼休憩を挟んで、
              いよいよ組み立て。





              20人くらいの参加者が
              ワラワラとグループに別れて
              四台の屋台をいっぺんに作ってます。



              僕は昔言われた「手伝いたいなら邪魔するな」を
              堅実に守り抜いて
              完全に空気になりきりました。



              見よ、この「さも、参加してる感」







              唯一やった仕事は
              木工ボンドの補充しようと思ったら
              ボンドが固まって開かなくなっちゃってたやつの蓋をこじ開けた
              ってことだけです。





              それなのに、
              大事な棟上げとかやらせてもらったり






              得意技の「人の仕事増やす」ってのに加えて
              「人の手柄を横取り」ってのも発揮しちゃいました。









              安定のドヤ顔。



              それでも
              夕方には無事に四台の屋台が完成。

              来月4月の下旬辺りに
              沼津市役所の玄関前で
              ミニ屋台のイベントが開催されるそうで
              そのイベントに今回作った屋台も使われるそうです。




              自分で作ったモノって
              出来栄えはデコボコでも
              それだけで愛着ありますもんね。

              自分で作るの好きなんだけど、
              ハイパー手先が器用な親子が身近にいるので
              何かと手を出せずにいましたが、
              また楽しさを感じること出来て
              単純に楽しかったです。



              いろんな方々とコミュニケーションも取れて
              それだけでもありがたいですね。


              自分達が住んでる街なので、
              楽しいことたくさん増えるのは大歓迎です。



              オシャンティな街にもっとなるといいですねー。

              ともあれ、ありがとうございましたー!




              1:07

                   

              ゆで風呂

              0
                帰宅してからの
                お風呂ご飯の流れだと

                お風呂沸かしてる間にソファから動けなくなっちゃうことが多いので

                ご飯お風呂の順番にしてみてる。



                本当は逆の方がいいんだけど、
                それだと段取りが悪い。




                ただ、だいたい手がつけられないくらい
                お風呂が熱くなってる。




                3:31

                     

                何でも一緒

                0
                  先日、偶然ではなく
                  本当に狙った通りの焙煎ができたんです。


                  こういう味を出したいと思って、
                  それ通りの焙煎ができたという感じの。


                  でも、それが
                  必ずしも一番美味しいというわけではないし
                  焙煎後すぐと、少し寝かせたものでは
                  味も微妙に違う。


                  温度の上がり具合や煎りあがりまでの時間が
                  気温や湿度で全然違うから
                  ただ焙煎機回してるだけでも神経使うもんね。


                  超アナログな焙煎機だからこそ
                  メリットデメリットあるから
                  それがまた楽しいんだけど。



                  ということで、
                  何かのヒントがないか
                  原点に戻りながら考える。


                  考える。
                  考える。




                  音楽と一緒ね、ホント。



                  0:58

                       

                  変わるもんだねぇ

                  0
                    久しぶりに静岡のレッスンに顔出してきました。


                    いつものメンツではあるんだけど、
                    中学生男子達の
                    成長が著しい。


                    おいおい、なんか男の顔つきになってんぞって。



                    僕なんか
                    髪が伸びたくらいですよ。







                    約一年前。







                    人相変わるねぇ。



                    2:09

                         

                    ミナ貝

                    0
                      小さい頃、海水浴と言えば
                      砂浜のあるところではなく
                      磯の方が多かった。

                      潜って魚見たり
                      ただ浮かんでみたり。


                      泳ぐのに飽きると
                      決まって貝を採った。


                      ミナって呼んでたんだけど、
                      名前はあとで知ったなー。


                      それを夢中で採ってたら
                      水着だけ着て上半身裸だから
                      背中がバッチリ焼けてて
                      翌日から地獄。


                      でも、その貝を持って帰って
                      塩茹でにしてもらって
                      つまようじでほじくりながら食べるのが
                      最高に幸せだった。



                      ミナ貝じゃないけど、
                      この前スーパーで似たような貝見つけたから
                      買ってみた。








                      無言で食べたよね。




                      4:53